海外投資を楽しむ会 TOPページ
 [TOP][AICについて][海外金融機関情報] [書籍案内]
spacer
電子書籍復刻版 ゴミ投資家シリーズ vol.9 以下の広告はAICが推薦・推奨
しているものではありません。
金融シティ香港入門
金融シティ香港入門サンプル版ダウンロード

サンプル版がダウンロードできます。
目次や内容をご確認ください。

電子書籍PDF復刻版 Vol. 9

ゴミ投資家のための

金融シティ香港入門

金融シティ香港入門2000年7月25日発売

オンラインショップ
電子書籍PDF

500円 税抜


本書は2000年7月にメディアワークスより発行された、オルタブックス「ゴミ投資家のための金融シティ香港入門」を、ドキュメントスキャナによりPDF化した電子書籍です。内容は当時のままなので、参考資料としてお読みください。

当時の書籍をそのままスキャンして画像化し、OCRによる検索用テキストを付加してあります。なおスキャンした書籍に経年劣化による傷みや、ごく一部の画像など著作権関連で削除した部分もありますが、ご了承ください。

解説(2015年3月現在)

  • もっとも身近なオフショア「香港」の3つの銀行(HSBC香港、シティバンク香港、スタンダード・チャータード銀行)を紹介。いずれの銀行もそのまま存続しているが、口座の内容、開設の方法などは変わっている。

現在、HSBC香港に口座開設するには、香港に行って窓口で手続きするしかない。セントラルにある香港本店の場合、コミュニケーションがとれる英語力が求められ、英会話能力によって、口座開設を断られるケースもある。預金口座と同時に、投資口座の開設も可能。

HSBC香港の基本情報はこちら >HSBC香港 基本情報

HSBC香港の詳細については「実践マニュアル-香港2」、HSBCグループのプレミア口座(上位口座)については「実践マニュアル-香港3」で詳しく紹介している。

HSBC Internationalは、2011年12月から、銀行名を「HSBC Expat」に改めた。

非居住者を対象としていたIPB(International Personal Banking)のうち、日本人顧客を担当していたチームは解体。現在日本語を話す担当者はいないため、すべて英語での対応となる。本書で紹介しているそごう支店は閉鎖。IPBも移転している。

シティバンク香港の基本情報はこちら >シティバンク香港 基本情報

当時日本人顧客対応に力を入れていた「マンションハウス証券 Mastion House」は、「REORIENT Financial Markets Limited」と名前を換え、香港人をターゲットとした営業を続けている。
http://www.reorientgroup.com/

「ゴミ投資家」シリーズへ戻る


お問い合せはこちら > お問い合せはこちら
本サイトの無断転載・複製を禁じます。リンクはご自由にどうぞ。
Copyright ©1999-2014 Alternative Investment Club.